住まいづくり〜街づくり 豊かな暮らしと街を考える総合コンサルタント

街づくり、街興しの企画・コーディネート

人口の減少、地域別の人口推移の差異、
産業構造の変化、消費者のニーズの多様化…、
時代と共に人々が「街」に求めるものは大きく変化します。

方や、伝統的、文化的な建物、産業、行事、慣行といったものは、少しづつ形を変えながらも良きものは永く残していく、ということも大切な事柄です。

街づくり、街の活性化において、主役は誰でしょうか。さもすると、行政任せにして地域に暮らす人、活動する人が、街を活性化することに熱意を失っていないでしょうか。また、その地域を訪れる人々、企業の側に立って考える、ということを忘れていないでしょうか。

街づくりや地域の活性化は、都市計画、産業育成、地域資源の発掘、など、様々なツールが必要ですが、最も大切なことは、その地域で暮らす人、活動する人が、その街を良くしようと思い、また、その地域を訪れる人の立場にも立って、考え、アクションを起こすことだと思います。

あくまで、主役は地域に根ざす人々です。当社では、少しのアイデア提供を提供し、一緒に汗をかいて貢献したいと思っています。
また、行政と民間の協働事業においても実績のあるスタッフが提案等のサポートを行います。

コンサルティング内容の主なもの

  • 地域資源の発掘、再評価に関する調査、提案
  • 観光資源の再評価と活用に関する提案
  • 都市計画を含む、街の外形に関する調査、提案
  • 地域で暮らす人、活動する人々のモチベーションアップ活動支援
  • 各種ワークショップ開催

地域資源は、自然環境、自然恵み(景観、温泉、特産など)、歴史 文化 (史跡、遺跡、街並み、食文化、など)をはじめ人や地域の生活スタイルなど、多岐に及びます。

こんなものが地域資源になるのか、と思うようなものも活用の仕方、ブランディング、プロモーションによって注目を集めることもあります。

資源も大切ですが、人々がどのように活用、運用するか、はもっと大切です。

例)エコツーリズムなど、希少な自然が多くあれば良いというものではなく、どのような事が体験できるのか、ツアーの工夫と心に残るコミュニケーションなど、おもてなしの運営が重要。