住まいづくり〜街づくり 豊かな暮らしと街を考える総合コンサルタント

管理組合の皆様へご相談窓口

マンション老朽化の対策は
きちんと進んでいますか?

様々な人が住まうマンションは、ライフスタイル、経済面、年齢、価値観が異なります。タウン・クリエイションでは、建築不動産の総合コンサルタントとして培ってきたノウハウと、コーポラティブ方式による建設のコーディネートで培った、多様性を重んじるマインドをもって、個々の管理組合の事情やコミュニティーを考慮して、カスタマイズしたコンサルティングを行っています。
専門知識を持ったスタッフが真摯に向き合い対応していきます。

修繕?or建て替え?敷地売却?

どのようなお悩みでもご相談ください。

ご相談 2回無料

理事会・委員会等への出席 1回無料

高い専門性と丁寧な対応

コンサルティング業務内容はこちら 建替えの流れはこちら

まずはお気軽にご連絡ください

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-511-008

高経年マンションの問題点

耐震力不足

危険、責任(借家人)

著しい耐震不足を放置すると貸主責任もある。

修繕コスト増加

支出増、積立金の増額

社会ニーズと乖離

利用価値の低下、資産低下(流通性・収益性)

物理的な老朽化だけがマンションの寿命ではありません。

マンションの3つの寿命

1.物理的寿命

物理的に、建物をこれ以上使い続けることに危険性がある場合など

2.経済的寿命

建て替えたほうが、経済的にコストが合理的である場合。

3.社会的寿命

ライフスタイルの変化により、ニーズに合致しなくなった場合など。
これらを総合的に判断していきます。

選択肢ごとに、様々なプロセスを経なければなりません。

建築不動産総合コンサルタントがサポートいたします。

選択肢ごとのプロセス
  • 図は概要を簡易に記載したものです。各工程においては、関連法に従った厳格な手続きが必要です。
  • 敷地売却が4/5で可能になるのは、法改正後であり、また耐震不足を認定されたものに限られます。
  • その他法改正等により、手続きの要件が異なることがあります。

コンサルタントが、計画立案・各種調整・手続き〜完了までをサポート

現在、旧耐震基準で建てられたマンションは約106万戸、そのうち建て替えられたものは14,000戸に過ぎません。大きな社会問題となっており促進させなければなりません。また、区分所有関係を解消して、敷地を売却することは、これまで全員合意が必要とされてきましたが、耐震不足の認定を受けたマンションでは、8割の合意で可能になる法改正が本年準備されています。私たちコンサルタント、アドバイザーの役目はとても重要になっています。

ご相談 2回無料
理事会・委員会等への出席 1回無料
高い専門性と丁寧な対応

会社概要

株式会社タウン・クリエイション

担当部署:タウンモデリング(都市再生)事業部
住所 〒150-0001 渋谷区神宮前1-23-23
TEL 0120-511-008

〈業務内容〉

  • マンション建て替え、敷地売却のコンサルティング
  • 再開発事業等など不動産開発に関するコンサルティング
  • コーポラティブハウスの企画、コンサルティング
  • その他建築、不動産全般のコンサルティング

〈弊社スタッフの主な資格〉

  • 再開発プランナー
  • マンション管理士
  • 国土交通省大臣認定 不動産コンサルティングマスター
  • マンション建て替えアドバイザー
  • 宅地建物取引主任者
ご連絡はこちら